0551-22-0550 facebook instagram

歯科医師小林 紗保日本口腔外科学会認定医

矯正歯科と口腔外科というと、全く異なる分野のように思われがちですが、実は治療を行う上で密接に関わることがあります。例えば、矯正治療の妨げになり得る埋伏歯の抜歯、開窓牽引(骨の中に潜っている歯を引っ張り出す処置)、歯科矯正用アンカースクリューの植立といった外科処置は、矯正治療の治療計画上、必要となることがあります。外科処置を治療方針の選択肢に入れることができれば、矯正治療の幅が広がり、より最適な医療を提供できると考えています。

矯正治療は毎回の処置によって常に歯並びが変化していきます。時には外科処置のような“攻める治療”を必要とすることがあり、その判断は矯正歯科医にしかできないときがあります。当院では矯正歯科専門医院に口腔外科医が在籍しておりますので、ベストなタイミングに合わせて矯正治療と外科処置を同時に行うことができ、患者さんにとって負担を最小限に抑えながらも、矯正治療にとって最大の効果を得ることができます。

外科処置と聞くと、怖いとか痛いといったマイナスイメージを持たれる方が多いと思いますが、極力そのような不安を取り除きながら、常に患者さんにより沿った優しい治療・専門性の高い治療を提供できるよう心がけております。

また、当院は自立支援医療機関として大学病院の口腔外科等と連携した矯正治療も行っております。大きな口腔外科手術を控えている患者さんのご相談なども受け付けますので、口腔外科医として少しでもお役に立てることがあれば幸いです。一緒にきれいな歯並びを作っていきましょう。

矯正治療メニューTreatment Menu

  • 小児矯正(子どもの矯正)

  • 表側矯正

  • 裏側矯正(舌側矯正)

  • 部分矯正(MTM)

  • マウスピース型
    矯正装置
    (インビザライン)

  • 歯科矯正用
    アンカー
    スクリュー

矯正治療について

山梨県韮崎市の矯正歯科

BACK TO TOP