0551-22-0550 facebook instagram

矯正歯科と口腔外科
による相乗効果

当院には口腔外科の
専門ドクターが在籍

当院は矯正歯科の専門医院ですが、口腔外科の認定医も常勤しています。矯正歯科治療では、抜歯を伴う治療となることがあります。

このことは、矯正歯科の治療を受ける患者さんが増えてきたことや近年のインターネットの普及により、多くの方がご存じのことと思います。

当院は口腔外科も対応できます

矯正歯科治療以外の処置が
必要なケース

アンカースクリューと呼ばれる小さなネジを歯肉に埋入して治療をおこなうことも、最近では多くなってきています。その他にも歯の移動を促進するために歯槽骨(歯が植わっている骨)に切れ目を入れる処置や歯肉に埋まってしまった歯を引っ張り出すために切開を加える場合にも口腔外科は関わってきます。

ここまでの話を患者さんにお話しすると、皆さん怖がってしまい治療への一歩を踏み出すことができなくなってしまうのですが、治療方法や器具などは日進月歩で進化しており、このような方法がスタンダード化しつつあります。また、外来でできる処置ですから、小手術に分類されています。

小手術の技術

小手術の難易度

小手術とはいえ、歯科医師であればだれでもできる処置では決してありません。 歯肉や粘膜には血管や神経がありますから、安全に綺麗に切開・縫合をするには、相当な訓練が必要になり、おのずと専門分野となってしまいます。

そのため、当院でも以前は地域の基幹病院などへ紹介をおこなっていました。しかし、それでも十分ではないと私は考えていました。

コラボが必要な理由

歯の移動をスムーズに行うためには、口腔外科医に細かい指示を出す必要があるのです。

例えば埋まっている歯を引っ張り出すときに、歯の移動の妨げになる骨や歯肉の切除を直接見て指示を出します。

口腔外科医は歯の動き方については詳しくはないはずですから、指示があれば治療が明確になります。

矯正歯科と口腔外科はコラボが必要

反対に矯正歯科医は口腔外科の手技に詳しくはありません。歯肉のすぐ下に歯があるのはわかっていても、骨や粘膜の切除をするときに、神経や血管があるために、それらを傷つけないよう迂回した処置が必要となることがあります。そのようなアドバイスがあれば、事前に治療方針や器具の調整が可能です。

つまり、矯正歯科医と口腔外科医が一緒の診療室でやり取りする環境が必要なのです。また、複雑な外科処置が必要となる場合には、当院の口腔外科医が適切に判断して基幹病院へと紹介し連携して矯正治療を進めています。

分野の異なる歯科医師が常駐している診療体制を整えることで、様々な症例に対して矯正治療をおこなえるものと考えております。歯並びや口元の様子が気になる方は、ぜひご相談にいらしてください。

矯正治療メニューTreatment Menu

  • 小児矯正(子どもの矯正)

  • 表側矯正

  • 裏側矯正(舌側矯正)

  • 部分矯正(MTM)

  • マウスピース型
    矯正装置
    (インビザライン)

  • 歯科矯正用
    アンカー
    スクリュー

矯正治療について

山梨県韮崎市の矯正歯科

BACK TO TOP