0551-22-0550 facebook instagram

矯正治療メニュー

矯正装置の種類
について

さまざまな矯正の種類

近年急速に矯正治療が普及しています。矯正治療が広く社会に浸透していくことはとても喜ばしいことです。

最近の技術革新は目覚ましく、患者さんにとってより負担の少ない治療方法が選択できるようになりました。

どの装置も素晴らしいメリットがありますが、デメリットもあります。当院では、患者さんにはしっかりと正しい知識を提供すべきだと考えています。

矯正には現在、主に表側矯正裏側矯正(舌側矯正)マウスピース型矯正の三つの治療方法と歯科矯正用アンカースクリューを用いる方法があります。

そのメリットとデメリットを記載しました。目的は情報の提供で特定の治療方法への誘導ではありません。治療の選択の一助になれば幸いです。

表側矯正

表側矯正は最も歴史が長く汎用性が高い治療法です。ブラケット装置にはメタルブラケットと審美ブラケットがあり、審美ブラケットにはセラミック製とプラスチック製があります。

2本目の補助ワイヤーなどを使用することで、難症例でも治療期間を延長することなく計画的に行えます。近年ではブラケットだけでなくワイヤーや結紮線も白くなり、以前より目立たなくなっています。

表側矯正
メリット
  • どのような症例にも対応できる
  • 自分で確認しながらブラッシングできる
  • 治療費を抑えられる
デメリット
  • 矯正治療中であることに気づかれやすい
表側矯正をみる

裏側矯正(舌側矯正)

歯の裏側にワイヤーを通して矯正治療を行います。審美性が高く、一般の人が見ても矯正治療中であることに気づかれないことがほとんどです。

近年、装置の作成技術が向上し、舌の違和感が軽減しました。

裏側矯正(舌側矯正)
メリット
  • 矯正治療中だと気づかれにくい
デメリット
  • 歯磨きがしにくい
  • 装置が取れやすい
  • 舌に痛みを感じやすい
  • 治療費が高くなってしまう
裏側矯正をみる

マウスピース型矯正装置

目立たない透明なマウスピース型矯正装置(インビザライン)を、指定された期間装着して、次々と交換していく矯正治療です。

裏側矯正と同じく矯正装置と認識されにくいのが特徴です。また金属アレルギーを持つ方に適合した治療方法です。

マウスピース型カスタムメイド矯正歯科装置
メリット
  • 矯正治療中だと気づかれにくい
  • 外した時に矯正装置の煩わしさを軽減できる
  • 金属アレルギーの方に使用できる
デメリット
  • 歯の動きが遅い
  • 紛失や壊れた場合、新しく作り直し
  • 着脱が少し大変
  • 最終的なかみ合わせに不安がある
マウスピース型矯正装置

歯科矯正用アンカースクリュー

歯科矯正用アンカースクリューは直径1~2㎜、長さ6~10㎜の骨に埋め込む小さなネジです。

歯科矯正用アンカースクリューを利用することで、臼歯の後方への移動や圧下など、今までかなり難しいとされていた移動も可能になりました。

歯科矯正用アンカースクリュー
メリット
  • 臼歯の不要な動きを抑える
  • 臼歯部の固定装置を簡略化できる
  • 困難な移動方向への対応ができる
デメリット
  • 脱落することがある
  • 脱落した場合は再埋入を行うことがある
  • 感染の原因となる可能性がある
  • 歯根を傷つける可能性がある
歯科矯正用アンカースクリュー

矯正治療メニューTreatment Menu

  • 小児矯正(子どもの矯正)

  • 表側矯正

  • 裏側矯正(舌側矯正)

  • 部分矯正(MTM)

  • マウスピース型
    矯正装置
    (インビザライン)

  • 歯科矯正用
    アンカー
    スクリュー

矯正治療について

山梨県韮崎市の矯正歯科

BACK TO TOP