0551-22-0550 facebook instagram

表側矯正について

表側矯正とは?

表側矯正とは?

表側矯正は最も歴史が長く、汎用性が高い治療法です。 ブラケット装置にはメタルブラケットと審美ブラケットがあります。

審美ブラケットにはセラミック製とプラスチック製があります。 2本目の補助ワイヤーなどを使用することで、難症例でも治療期間を延長することなく計画的に行えます。

近年ではブラケットだけでなくワイヤーや結紮線も白くなり、以前より目立たなくなっています。

表側矯正のメリット

1.汎用性が高く多数の症例に対応可能

矯正治療の基本的な手法であるため、歯の移動をスムーズにコントロールすることができます
また裏側矯正と比べると診療時間を短くすることができます。
他にも、メインワイヤーと2本目の補助ワイヤーを使用することができ、 動かしたい歯に対して選択的に矯正力を与えることで、難症例でも計画性の高い治療(下図)を行えます。

2.自分で確認しながらブラッシングできる

矯正装置と歯の隙間に汚れが付着するため、ブラッシングがより重要になってきます。
表側矯正なら矯正装置を自分の目で確認できます。磨き残しを減らせるでしょう。

3.治療費を抑えられる

最も一般的な治療方法ですから、他の方法と比較すると治療費や処置料を抑えることができます。

デメリットとそれらへの対応

1.矯正治療であることを気づかれやすい

表側に装置を付けますので治療中であることに気づかれることが多いです。しかし近年は白いブラケットだけでなく、ワイヤーも白くコーティングされており、装置が目立ちにくくなっています。

2.後戻りの可能性がある

歯には元の場所に戻ろうとする性質があります。そのため、せっかく綺麗に並んでも、何もしなければ元の歯並びに戻ってしまう可能性があります。後戻りを防ぐために、しっかり保定装置をつけて定期的に検診を受けましょう。

当院の表側矯正の特徴

審美性の高い治療

素材を工夫した審美性の高い治療が可能です。

向かって左は白の結紮線、右は普通の結紮線で結紮したものになります。

白い結紮線(左)普通の結紮線(右)

難症例への対応

補助ワイヤーを使って難症例に対応をいたします。

下顎の右下7番の歯根が8番に吸収されている症例
補助ワイヤーを使用することで第1大臼歯の傾斜を改善します。
できたスペースにアップライトという2本目の補助ワイヤーで第2小臼歯を歯列に取り込みます。
移動完了
2本のワイヤーを使用する
治療の詳しい説明はこちら

治療費

当院の料金表

近年、需要が高い目立たない矯正装置は、材料費などの違いで通常の矯正治療費よりも高額になってしまいます。

しかし、目立たない治療と「噛む」という基本的な機能を改善するための医療とを両立することが大切です。

当院では治療の質を高く保つため、無理な治療方法の提案はせず、患者さんの立場に立った治療法や料金提示を行っております。

治療費について
料金表を見る

矯正治療メニューTreatment Menu

  • 小児矯正(子どもの矯正)

  • 表側矯正

  • 裏側矯正(舌側矯正)

  • 部分矯正(MTM)

  • マウスピース型
    矯正装置
    (インビザライン)

  • 歯科矯正用
    アンカー
    スクリュー

矯正治療について

山梨県韮崎市の矯正歯科

BACK TO TOP