0551-22-0550 facebook instagram

大人の矯正治療
について

当院の大人の矯正治療

大人の矯正歯科について

オーダーメイドの治療方針

顎の大きさ、歯の大きさ、歯並びの状態、口元の見え方など、どれ一つとして同じものはありません。
そのため、矯正治療の計画は、さまざまな検査を行い精密な分析の上に成り立ちます。

当院は、「顎変形症」を始めとした矯正治療だけでは対応ができない症例についても、大学病院と連携して治療を行える施設となっております。

多様化に対応

矯正治療といえば、表側にワイヤーを使用した装置を一番イメージしやすいですが、現在では裏側にワイヤーを使用する装置や、マウスピースタイプの装置にて矯正治療が行えます。

当院ではさまざまな装置を使用できますので、患者さんのお口の状態や価値観に適応できるよう柔軟に対応いたします。

小児矯正から成人矯正への移行

小児矯正後の第2期治療で、顎を広げたり、上下の顎のバランスを整えたりするため、通常の成人矯正よりも短期間で治療を終了することが多いです。

顎の成長具合によっては、小児矯正後すぐに成人矯正へ移行することもありますし、成長の様子をみるため少し治療を休憩してから移行することもあります。

小児矯正から成人矯正への移行

抜歯について

顎の大きさと歯の大きさのバランスが悪いと歯並びはガタガタな状態(叢生)となってしまいます。

顎を広げることや奥歯を後方へ移動させることなどで歯並びを改善することもできるのですが、顎が拡大する大きさや奥歯の後方への移動量はわずかなため、叢生の程度が強い場合は抜歯を行って矯正治療をすることがあります

歯列を整えることの他に、歯の傾きや口元の突出感などを基準に抜歯の判断を行います。

症例集へ

治療費

当院の料金表

近年、需要が高い目立たない矯正装置は、材料費などの違いで通常の矯正治療費よりも高額になってしまいます。

しかし、目立たない治療と「噛む」という基本的な機能を改善するための医療とを両立することが大切です。

当院では治療の質を高く保つため、無理な治療方法の提案はせず、患者さんの立場に立った治療法や料金提示を行っております。

治療費について
料金表を見る

矯正治療メニューTreatment Menu

  • 小児矯正(子どもの矯正)

  • 表側矯正

  • 裏側矯正(舌側矯正)

  • 部分矯正(MTM)

  • マウスピース型
    矯正装置
    (インビザライン)

  • 歯科矯正用
    アンカー
    スクリュー

矯正治療について

山梨県韮崎市の矯正歯科

BACK TO TOP