山梨県韮崎市の矯正歯科【ニッコリ矯正歯科】矯正歯科専門

ニッコリ矯正歯科

〒407-0015山梨県韮崎市若宮1-2-50 
韮崎市民交流センター(ニコリ)3F
TEL:
0551-22-0550

マウスピース型矯正

治療について > マウスピース型矯正
透明なプラスチック製のマウスピースを、指定された期間装着して、次々と交換していく矯正治療です。裏側矯正と同じく矯正装置と認識されにくいのが特徴です。また金属アレルギーを持つ方に適合した治療方法です。
メリット
矯正治療中だと気づかれにくい
裏側矯正同様に透明なマウスピースを使用して治療するため矯正治療中であることに気づかれないことが多いです。
矯正装置の煩わしさを大きく軽減できる
ワイヤーを使用する場合は、ブラケットなどが歯面に接着されているため、お口の感覚に慣れるまで少し時間が必要です。マウスピース型矯正では装置を外せば、口の中には何も残りません。ただし使用しないと治りません。
金属アレルギーの方に使用できる
ワイヤーによる矯正には、金属アレルギーを引き起こす恐れのある金属をわずかに含んでいます。しかしマウスピースタイプはプラスティックの素材ですので、金属アレルギーの症状が出る心配はありません
インビザラインのメリット
インビザラインは他のマウスピース型矯正と比べて決定的な違いがあります。歯面に「アタッチメント」と呼ばれる凹凸を付けることです。これによりインビザラインを装着した時に抵抗力となり、動かしたい方へ歯を誘導してくれる効果があります。
デメリットとそれらへの対応
歯の動きが遅い・装置を使用しないと動かない
マウスピースを交換し続けなければ歯は動かないため、ワイヤー矯正に比べて歯の動きが遅く、装置を使用しなければ歯は動いていきません
紛失や壊れた場合は新しく作り直し
マウスピースは海外で作製されることが多く、紛失や破損の場合は新たに型取りや歯列のスキャンを行う必要があり、マウスピースが医院に届くまでお待ちいただく必要があります
着脱が少し大変
マウスピースがしっかりと装着されていないと効果がありません。そのため装着時には、ゴム製の装着機器を咬んでしっかり入れていただきます。また外す時は、かなりの抵抗感がありますので、爪を痛めることもあります。外す時も専用の機器がありますが、慣れないとマウスピースを傷つけ破損の原因になります。
最終的なかみ合わせに不安
マウスピースタイプは歯の全面を覆っていますから、最終的にしっかり咬ませるにはマウスピースの厚みが障害になります。必要に応じてワイヤーを使用しなければならない場合もあります。
当院の特徴
デメリットをカバーすることが大切…マウスピース型矯正はプラスティックの素材であり、その性質上適応できる症例は限られたものになります。 当院では 現時点では、ワイヤー矯正とのハイブリット的な治療によって治療範囲を拡大していけるものと考えております。
マウスピース矯正
目立たないマウスピース
マウスピース矯正 アタッチメント
インビザラインのアタッチメント
(歯面に凹凸を付与)

年齢別による治療

準備矯正 子どもの矯正治療

当院では準備矯正に特に力を入れています。成人にはない「成長」という特別な変化は、矯正治療では最も重要です。準備矯正にて正常なあごの成長を促し、きれいなバランスを獲得することを目指します。

準備矯正について

本格矯正 大人の矯正治療

患者さんのあごの大きさ、歯の大きさ、歯並びの状態、口元の見え方などに合わせたオーダーメイドの矯正治療を行います。
さまざまな検査を行い精密な分析の上、治療計画をお作りします。

本格矯正について

矯正装置の種類別治療法

裏側矯正

歯の裏側にワイヤーを通して矯正治療を行います。審美性が高く、一般の人が見ても矯正治療中であることに気づかれないことがほとんどです。

裏側矯正

マウスピース型矯正

透明なプラスチック製のマウスピースを、指定された期間装着して、次々と交換していく矯正治療です。

マウスピース型矯正

表側矯正

ブラケット装置にはメタルブラケットと審美ブラケットがあり、審美ブラケットにはセラミック製とプラスチック製があります。

表側矯正

アンカースクリュー

アンカースクリューを利用することで、臼歯の後方への移動や圧下など、今までかなり難しいとされていた移動も可能になりました。

アンカースクリュー


PAGE
TOP


電話で
予約


ネット
予約

ニッコリ矯正歯科クリニック【韮崎市 矯正歯科】

〒407-0015 山梨県韮崎市若宮1-2-50 韮崎市民交流センター(ニコリ)3F

0551-22-0550