0551-22-0550 facebook instagram

マウスピース型
矯正装置
インビザライン

透明で目立たない
矯正の新たな選択肢

マウスピース型
矯正装置とは?

マウスピース型矯正とは?

目立ちにくい透明なマウスピース型矯正装置(インビザライン)を、指定された期間装着して、次々と交換していく矯正治療です。裏側矯正と同じく矯正装置と認識されにくいのが特徴です。また金属アレルギーを持つ方に適合した治療方法です。

当院が使用しているマウスピース

マウスピース型矯正装置 インビザライン

日本では現在多くのマウスピース矯正が出現していますが、当院で使用しているマウスピースは全世界で900万人を超える患者さんが治療を受けている「インビザライン」になります。(2020年10月時点)

インビザライン使用者

インビザライン紹介動画

初めの一歩

成長過程にあるお子様の歯並びにもしっかり適応可能です。子どものうちから歯並びを整えておくことは非常にメリットが多いですので、オススメです。輝く笑顔の初めの一歩を当院でスタートしませんか?

笑顔の瞬間

結婚式など大事なイベント前でも、短期間でしっかりと治療することが可能です。幸せな瞬間の笑顔がより輝くよう、当院では治療相談やアフターフォロー体制も完備しています。まずはご相談ください。

オンライン診療実施中

当院でマウスピース矯正を治療されている患者さん(再診外来)に限り、オンライン診療が可能です。
遠方だから来院が難しいなどのお悩みを抱えていらっしゃる方はまずご相談ください。

オンライン診療について

当院におけるマウスピース矯正の強み

1.治療保証制度

近年ではマウスピース矯正の需要の高まりから、希望する患者さんが増えてきていますが、実はマウスピース矯正はワイヤー矯正に比べて適応症例が限られてしまいます。

そこで当院では、マウスピース矯正の治療中にマウスピースでは対応が困難となってしまった場合でも、ワイヤー矯正に移行して治療を継続できるよう治療保証制度を設けています。

マウスピース

これにより安心してマウスピース矯正の治療を開始していただけます。なお治療保証制度については、患者さんの治療計画によって内容が異なります。

詳しい内容は初診相談にてお伝えしています。

  • 治療保証制度とは、マウスピース矯正にて治療をすすめていき、治療効率の低下や咬合の確立が不十分な場合にワイヤー矯正へ切り替えて治療を継続する制度です。
  • 治療難易度が高い場合にはマウスピース矯正による治療ができないことがあります。
  • 健康保険適応の矯正治療ではマウスピース矯正による治療はできません。

2.オンライン診療

マウスピース矯正を開始した患者さんはオンライン診療にて治療経過を診ることができます。

スムーズに治療が進んでいる患者さんであれば、2か月に1回程度のペースでの受診が可能です。

遠方の方やお仕事などでお休みが取りにくい方は、オンライン診療であれば時間を有効に使うことができます。

マウスピース

3.精度の高いクリンチェック

残念ながら、ただマウスピースを使用していれば歯が動くというものではありません。

マウスピースの制作過程におけるシミュレーションが非常に大切です。

当院は矯正歯科専門クリニックとして、現実的な歯の移動を考慮し何度もクリンチェックを確認しながら治療精度の高いマウスピースを作成しています。

マウスピース

左:治療前 右:治療後

  • クリンチェックとは、インビザライン制作における歯の移動シミュレーションのチェック作業のことです。

マウスピース矯正の特徴

マウスピース矯正のメリット

1.矯正治療中だと気づかれにくい

裏側矯正同様に透明なマウスピースを使用して治療するため矯正治療中であることに気づかれないことが多いです。

2.矯正装置の煩わしさを大きく軽減

ワイヤーを使用する場合は、ブラケットなどが歯面に接着されているため、お口の感覚に慣れるまで少し時間が必要です。
マウスピース型矯正では装置を外せば、口の中には何も残りません。ただし使用しないと治りません。

3.金属アレルギーの方に使用できる

ワイヤーによる矯正には、金属アレルギーを引き起こす恐れのある金属をわずかに含んでいます。しかしマウスピースタイプはプラスティックの素材ですので、金属アレルギーの症状が出る心配はありません

4.アタッチメントで歯が動く

マウスピース型矯正装置(インビザライン)は他のマウスピース型矯正と比べて決定的な違いがあります。歯面に「アタッチメント」と呼ばれる凹凸を付けることです。

デメリットとそれらへの対応

1.紛失した場合は新しく作り直し

マウスピースは海外で作製されることが多く、紛失や破損の場合は新たに型取りや歯列のスキャンを行う必要があり、マウスピースが医院に届くまでお待ちいただく必要があります。

2.着脱が少し大変

マウスピースがしっかりと装着されていないと効果がありません。そのため装着時には、ゴム製の装着機器を咬んでしっかり入れていただきます。

インビザラインについて

マウスピース型矯正装置
(インビザライン)の特徴

当院では、医薬品医療機器等法(薬機法)において承認されていない医療機器を用いた「インビザラインによる矯正治療」を行っています。

完成物薬機法対象外の矯正歯科装置であり、承認薬品を対象とする医薬品副作用被害救済制度の対象外となる場合があります。

以下の事を、ご理解の上、治療をさせて頂きます。

インビザライン

① 未承認医薬品

インビザラインは薬機法上の承認を得ていません。

② 入手経路

インビザラインはアメリカのアラインテクノロジー社の製品の商標です。アラインテクノロジージャパン社から、アライナーを入手しています。

③ 国内の承認医薬品等の有無

マウスピース型矯正装置であるインビザラインによる矯正治療は、現在世界中で行われています。日本で『医療機器としての矯正装置』と認められるものは下記の条件を満たしているものになります。

  • 薬事承認されている材料を使用していること
  • 日本の国家試験に合格した歯科医師、あるいは歯科技工士が製作している装置であること
  • 既製品の装置の場合、それが薬事承認されている装置であること

インビザラインは、アライナー作製をする為に行う型取りに使用する口腔内スキャン装置(アイテロエレメント)については薬事承認を受けています。

設計は、日本国内で歯科医師が行いますが、製作は、海外でロボットにより製作されます。従って、薬機法対象外
です。

④ 諸外国における
安全性等に係る情報

インビザラインは、2020年現在、全世界で800万症例以上の患者さんが治療されています。重篤な副作用の報告はありません。

しかし、インビザラインは、日本では薬機法対象外です。その為、インビザラインによる矯正治療は、医薬品副作用被害救済制度の対象となりません。

当院の特徴

デメリットを
カバーすることが大切

マウスピース型矯正はプラスティックの素材であり、その性質上適応できる症例は限られたものになります。

当院では 現時点では、ワイヤー矯正とのハイブリット的な治療によって治療範囲を拡大していけるものと考えております。

目立たないマウスピース

目立たないマウスピース

アタッチメント

マウスピース型矯正装置の
アタッチメント(歯面に凹凸を付与)

治療費

当院の料金表

近年、需要が高い目立たない矯正装置は、材料費などの違いで通常の矯正治療費よりも高額になってしまいます。

しかし、目立たない治療と「噛む」という基本的な機能を改善するための医療とを両立することが大切です。

当院では治療の質を高く保つため、無理な治療方法の提案はせず、患者さんの立場に立った治療法や料金提示を行っております。

治療費について
料金表を見る

矯正治療メニューTreatment Menu

  • 小児矯正(子どもの矯正)

  • 表側矯正

  • 裏側矯正(舌側矯正)

  • 部分矯正(MTM)

  • マウスピース型
    矯正装置
    (インビザライン)

  • 歯科矯正用
    アンカー
    スクリュー

矯正治療について

山梨県韮崎市の矯正歯科

BACK TO TOP